JASW沿革

社会福祉はこれでいいのか
JASWより
1958年第九回国際社会福祉会議が東京で開催された。 このとき国際ソーシャルワーカー連盟も開催され、わが国はオブザーバーとして参加。この席上で日本も協会を結成するように強く要請がされた。
1960年日本ソーシャルワーカー協会誕生 会長は竹内愛二・事務局は全国社会福祉協議会に設置 しかし数年後に、休眠状態となる。
1983年1986年に、わが国で国際社会福祉会議及び、国際ソーシャルワーカー連盟、学校連盟の会議が開催されることとなり、それに先立ち再度ソーシャルワーカー協会組織化の問題が取り上げられ再建される。
1986年倫理綱領制定
1987年社会福祉士及び介護福祉士法制定 社会福祉専門職三団体連名で、厚生大臣に「社会福祉士及び介護福祉士法」に対する要望書を提出医療ソーシャルワーカーを経社会福祉士の実務経験に位置づけ、実習施設に保健医療機関を加えることを求めたものである。 その後全国各地でスーパービジョン研修を行う。
1989年厚生省へ「社会福祉専門職及び行政運営に関する要望」提出内容は、医療を実務経験・実習施設に加えること、市町村に社会福祉士の配属を義務付けることであった。
1997年国際委員会、全米ソーシャルワーカー協会「ソーシャルワーク実務基準及び業務指針」「ソーシャルワーカーとは」翻訳刊行
1998年倫理委員会「ソーシャルワーク倫理ハンドブック」刊行
2001年2003年アジア太平洋会議の日本開催が決定しかし、SARSのために間際になって残念ながら中止になる。
2002年ハンセン病問題に対する取り組み、専門職4団体で検証委員会から委託されて、ハンセン病元患者の検証調査に取り組むことになり、専門職連絡会の中に『ハンセン部会』が設置された。
2003年カナダソーシャルワーカー協会「Social WORK and Globalization」翻訳刊行
2004年国際委員会、キルギスソーシャルワーカー協会に寄付
2005年東京都より特定非営利活動法人の認証を受ける。 組織の目的をソーシャルワークの理解を広げることにおき、会員を一般市民に拡大する。また社会福祉制度などについてソーシャルワークの立場から発言する「提言委員会」を設置
※今日まで毎年全国大会が年一回開催。また定期的に広報誌として「日本ソーシャルワーカー協会会報」・機関紙「ソーシャルワーカー」の発行をしてきた。